Y氏の特許管理ブログ
このブログは・・・
  中小企業の知財管理や、コンパクトな知財管理を目指すネタを中心に、日々感じたことを記録していきます。

新着アーカイブ
▼タイムスタンプのバージョンアップ
(2012/12/12 13:32)
▼iPad商標訴訟が和解!
(2012/7/3 12:15)
▼知財 注目記事
(2012/6/18 12:26)
▼中国のニセモノ登録商標に著作権侵害で対抗!
(2012/5/27 17:16)
▼日経BPビズボード for CAFE
(2012/5/1 11:30)
▼Acrobat Rederを更新していますか?
(2012/5/1 11:06)
▼Microsoft office 月額契約
(2012/3/21 17:34)

リンク
 Y氏の特許管理HP



遅くなりましたが、昨年、特許庁行政について感じたこと
遅くなりましたが、昨年、特許庁行政サービスについて感じたことです。

1)審査請求費用
 ほぼ倍に値上げされた審査請求費用の20万円弱は、中小企業にはかなりの負担です。
 確か、値上げ時の特許庁試算では、年金の減額と審査請求費の増額をシュミレーションすると、企業にとっては負担増がそれほどでもないということでした。
 しかし、実感としては、審査請求費用の値上げがかなり重いと感じます。

 このところ、発明の単一性違反の適用が厳しくなっているのか、審査時に、発明の単一性違反で分割すべき判断がなされることが多くなっており、審査請求案件は増えています。
 分割時、代理人費用は安めにしてもらっても、すぐに審査請求費用が必要となると、安易に分割出願できません。

 中小企業には減額サービスもありますが、条件に合わず適用を受けられない場合も多いです。

2)審判でのいきなり登録
 昨年、特許・意匠・商標の各法での審判でいきなり登録(前置登録除く)される案件の比率が高く、疑問に思いました。
 確かに、登録されて喜ばしいことですが、審判審理段階に入って、(審判請求時に再度意見を述べていますが)審判官とのやりとりが何もないうちに認容審決(特許審決)になると、嬉しいとともに審査段階の判断が間違っていたのに、出願人の負担増があまりにも大きく、勘弁して欲しいという気持ちになります。

 出願人は、審判印紙代5万円とともに、審判代理人費用を負担しているのですから。 

 もちろん、出願人側としても審判に持ち込まれない意見書・補正書対策が必要ですね。


 http://pat-man.com/blog/archive_25.htm
コメント(0) / トラックバック(0)
ファシリテーション入門
 会議の運営をしていく上で、非常に参考になるのが、ファシリテーションです。
 ファシリテーションの入門書で具体的な会話例もあり、参考になります。


 http://pat-man.com/blog/archive_27.htm
コメント(0) / トラックバック(0)
役員室にエジソンがいたら
BOOKOFFで安かったので、購入し読んで見ました。

率先したライセンスなど、丸島さん等の日本的な知財管理とは異なりますが、米大手の担当者インタビューなども多く、米国の知財管理として参考になります。

原書もあまり高くないので、英語力がある方は原書を!



 http://pat-man.com/blog/archive_28.htm
コメント(0) / トラックバック(0)
スズキの社長の本
 まだ、読んでいませんが、スズキの社長の本が気になっています。

 大手自動車メーカーが軒並み赤字のところを黒字確保。
 今、元気な会社はユニクロ・任天堂・スズキですかね。

 テレビ東京の「カリビアン宮殿」でも特集されました。
 カラーコピー機は売却、付箋・ホッチキスは共用とするなどトヨタもびっくりする徹底ぶりらしいです。


  日経ビジネスの記事もネットにあります。 
 昨今の状況を予測し、在庫を減らしていた点と、
今後、どの位今の状況が続くかについてのコメントに注目です。



 

 http://pat-man.com/blog/archive_30.htm
コメント(0) / トラックバック(0)
毎日1万語の英単語をチェック
 本屋で立読みしました。いろいろ参考になることが書いてあるので、今度購入したいと思いますが、一番気になったことは、ビジネスで必要な約1万語を毎日眺める。と言う点。

 ネイティブや英語を仕事にしている人でなければ、文章を含め英語を見る量が少なすぎる。とにかく毎日、必要な1万語の英単語を見る。 そのまま、実践は難しいですが、何らかの形で取り入れたいです。

 目次チェックは下記amazonで(目次がやたら詳しく、目次を読むだけでも参考になる)。
 読後マインドマップはEasyStepにいろいろアップされていますので、検索を。

 


 http://pat-man.com/blog/archive_31.htm
コメント(0) / トラックバック(0)
カテゴリー
知財管理(30)
その他 知財ネタ(2)
本(10)
電脳環境(14)
雑談(1)

月別アーカイブ
2012年12月(1)
2012年07月(1)
2012年06月(1)
2012年05月(3)
2012年03月(4)
2012年02月(1)
2011年12月(1)
2011年11月(1)
2011年08月(4)
2011年07月(1)
2011年06月(3)
2011年05月(1)
2011年03月(1)
2011年02月(4)
2010年09月(1)
2010年08月(2)
2010年06月(2)
2010年05月(1)
2009年12月(1)
2009年10月(1)
2009年09月(2)
2009年08月(1)
2009年03月(5)
2009年02月(2)
2009年01月(3)
2008年11月(5)
2008年09月(3)
2008年08月(1)

ブログ内検索